指導方針

指導方針

GrowrYの3つの目標

①講師について

GrowrYでは、講師として経験豊富な専任講師陣が、入塾時から卒業まで持ち上がって指導します。各講師が、お子様の性格の長所・短所を踏まえ、平常授業・講習など1年を通して塾生全員と接することで、現時点での理解力を見極め、勉強に取り組む姿勢の向上を目指します。

②環境について

習い事・クラブ活動等と、勉強を両立できることが子どもたちにとって一番であることは言うまでもありません。限られた時間の中で、最大限の学習効果を発揮するために、やるべきことを確実にこなし、自ら進んで学習してもらえる環境作りを目指します。

③ねがい

卒業して新たな環境に進んでも、人と人とのつながりは続いていくものです。受験という貴重な時期を共にした私たちが、卒業後も継続してふれあいを重ねることで、生徒の今後のハードルに対してサポートする「よりどころ」となることを理想とします。そのふれあいの中で培われた経験を通じて、後の後輩たちの指導へと役立てることが私たちの願いです。

 

GrowrYのこだわり

1クラス人数

各学年定員は、1クラスあたり24名を上限とします。生徒一人ひとりが授業に参加しているという実感を持たせるために、発問→確認をしながら授業を展開します。

授業体制

平常授業はもちろんのこと、原則、各講習も専任講師が担当することで授業に連続性を持たせます。これにより、生徒の習熟度に合った的確な指導を行うことができます。

宿題

学習内容を定着させ、さらにレベルアップさせていくために毎回宿題を出します。平常時の宿題量は多すぎず少なすぎず、家庭でのリズムを作るためにできる限り一定になるように努めます。「答え合わせ→解き直し用のノートにやり直し→講師のチェック」をくり返すことで学習内容の定着をはかり、正しい学習習慣をつけていきます。

学習サポート

授業を欠席したとき・理解を深めたいとき・さらに発展的な問題にチャレンジしたいときに、生徒をサポートする時間を設けます。普段の授業とはちがう生徒の顔が垣間見えることで、その後の関係も良くなるようなフォローを目指します。

中学生各種学校テスト対策

定期テストのみならず、昨年度よりはじまったチャレンジテスト・実力テストに関しても対策を行います。土・日・祝日を使って長時間になることもありますが、授業形式・演習・自習を組み合わせながら、テスト本番に向けて真剣に取り組んでいきます。

 

お問い合わせはこちら

お問い合わせ